膣の奥では快感を感じない?

膣の奥では快感を感じない?

膣は子宮へ通じているトンネルです。小陰唇の内側の少しくぼんだ部分を膣前庭といい、舌に膣への入り口である膣口があります。
また、膣前庭の上端に尿道口があります。膣は出産の時に赤ちゃんが出てくる通り道であり、セックスのときにペニスを挿入するところでもあります。
日本人女性の膣の長さは8cmほどで、突き当りの天上部分には、子宮へ繋がる通路である子宮頸管があります。この子宮頸管がいわゆる子宮口と言われる部分です。
膣の壁は粘膜で出来ていて、非常に柔軟性があります。
通常は、粘膜の壁が閉じ合わさった状態になっていますが、セックスや出産の時には伸縮します。
通常時、膣口も閉じた状態になっていて、外部から有害な細菌が入らないようになっています。
更に膣内には乳酸を作る常在菌がいて、膣内を産生に保つことで、有害な細菌を殺し、病気などの感染を防いでいます。
女性期からチーズのような匂いがすると言われるのは、この乳酸のためです。
ちなみに精子も酸性には弱く、酸性の環境にさらされると死んでしまいます。
膣内の奥側3分の2には、ほとんど感覚神経無いので、膣内の奥で快感を感じる事は無いと言えます。
これは出産の時に、出来るだけ苦痛を感じないようにするためだと言われています。
膣の奥を刺激されることで、オーガズムに達する女性もいますが、これは子宮口への刺激によるものです。
このように膣の奥は鈍感ですが、最近になって膣口近くには感覚神経も存在し、快感を得ることだ出来ることがわかってきました。
有名なGスポットも、膣口近くのお腹側にあると言われています。

 

膣前庭

小陰唇の内側の少しくぼんだ部分で、上端に尿道口があり、下に膣口がある。

セックスの時にペニスを挿入するところで、赤ちゃんと月経血の通り道でもある。
長さは8cmほどのトンネルで壁は粘膜で出来ていて、非常に柔軟性がある。
通常は粘膜の壁が閉じ合わさっていて、内部は有害な細菌の侵入を防ぐため、酸性に保たれている。

 

 

 

参考抜粋:みんなが知りたい男と女のカラダの秘密 セックスレスは問題なのか?脳にも性別がある? (サイエンス・アイ新書) [ 野口哲典 ]