愛液はどこから出てくるの?

愛液はどこから出てくるの?

女性器は性的刺激を受けると、いわゆる愛液と呼ばれる分泌液によって濡れてきます。
これは、膣口の下側にあるバルトリン腺や膣壁、子宮頸管から粘液が分泌されるためです。愛液のほとんどは、膣内の壁から汗のように分泌される体液です。
少し前までは、愛液の正体はバルトリン腺液だと考えられていましたが、バルトリン腺からは、ほんの少ししか分泌されないことがわかって来ました。
愛液が分泌されるのは、セックスの時に膣壁や外性器が傷つかないようにするためです。
愛液が潤滑油の役割をして、ペニスの挿入をスムーズにし、ペニスと膣壁との摩擦を軽減してくれるのです。
さらに愛液には、もう一つ重要な役割があります。
もともと膣内は、細菌などの感染を防ぐため酸性に保たれています。
しかし、精子も酸性には弱いです。そのため、性交時に弱アルカリ性の愛液を分泌することで、膣内を精子が生存しやすい環境にするのです。
ただし、愛液の分泌量にも個人差があります。
もともと濡れにくい女性もいます。また、女性は加齢とともに愛液の分泌が少なくなってきます。
特に更年期以降、月経が無くなる閉経後に、そうした愛液の分泌が少なくなる人が多いようです。
愛液の分泌が少なくなると性交時に膣壁を傷付けたり、痛みを感じるようになってしまいます。
その結果、セックスする事自体が苦痛になり、セックスを拒否するようになる女性も多くなってしまいます。
そうならないためにも、もし愛液の分泌量がもともと少なかったり、加齢とともに濡れにくくなった場合は、専用のゼリーやローションをしようするなどの配慮をするようにしましょう。

 

愛液

バルトリン腺液や膣壁、子宮頸管から分泌される粘液。
なかでも膣壁から分泌されるものが愛液の中心。
愛液は、スムーズにペニスを挿入出来るようにして、膣壁が傷つかないようにするための潤滑油の役割をしています。

 

 

 

参考抜粋:みんなが知りたい男と女のカラダの秘密 セックスレスは問題なのか?脳にも性別がある? (サイエンス・アイ新書) [ 野口哲典 ]