クリトリスはなぜあんなに敏感なの?

小陰唇の上の合わせ目部分にあるクリトリス(陰核)の中には神経がとても集中しているので、女性の体の中で最も敏感な部分だと言えます。

 

発生学的に、クリトリスは男性のペニスにあたるそうで、クリトリスも内部は海綿体構造になっているので、通常時、クリトリスは包皮に包まれていて隠れていますが、刺激を受けるとペニスと同じように充血して勃起します。

 

 

ではそんなクリトリスは一体何のために存在しているのでしょうか。

 

実際のところ、まだ良く解明されていないそうです。

 

しかし、クリトリスがあんなにも敏感なのは、性的な快感を得るためであると考えるのが合理的と言われています。多くの女性がクリトリスを刺激されることで、性的絶頂感であるオーガズムに達することが出来るからです。

 

 

人間は他の動物とは異なり、対面で性交をするようになりました。そのため、対面での性交によるクリトリスへの刺激で、より快感が得られるようになったということなのです。また人間は大脳が発達しているため、性行為が単なる生殖だけを目的にしたものでは無く、快感も得るためのものになった結果でもあります。

 

更にクリトリスは、刺激により性器を濡らし、性交を安全に、そしてスムーズにするための準備的役目の重要な器官でもあります。

 

まだ濡れていない、準備が整っていない女性器へペニスを挿入すれば、女性器を傷つけてしまうことになります。

 

 

人間以外の動物のクリトリス

人間以外の動物のメスにもクリトリスを持っているものが多くいるそうです。

 

例えば【ハイエナ】のメス。ハイエナのメスのクリトリスはペニスのように大きくて、クリトリスからオシッコを出すことも出来るそうです。

 

クリトリスを持っている動物は、交尾の前、オスがメスのクリトリスや性器を舐めたり刺激したりして、メスに性交の準備をさせるそうです。

 

そのあたりはヒトと一緒ですね!

 

 

参考:

みんなが知りたい男と女のカラダの秘密 セックスレスは問題なのか?脳にも性別がある? サイエンス・アイ新書 / 野口哲典 【新書】